関空を利用する

関西一の空港の概要について

関空は基本調査を始めた1968年から23年後の1991年に空港1期島造成工事が完了し、1994年9月に大阪湾内の泉州沖に開港しました。当時は記念切手や500円の記念硬貨も発行されました。その後新たな滑走路などの建設や二期工事などの改善が行われ現在では関西を代表する空港となっています。 騒音対策の為に造られた人工島でできている海上空港で旅客者以外に貨物を運ぶ飛行機の両方を24時間運行している空港は日本では関空のみとなっていますす。また定期的に海外便が運航していて、アメリカやヨーロッパ、アジア諸国などへ行ける国外便もありさまざまな地域と関西を繋いでいます。 そして人々にとって大切な交通手段として利用されています。

人の物語が見える関空の今後について

関空へ行くための交通手段は電車やバス、旅行で来た方などが利用するレンタカーや高速船などさまざまな手段がある中でも多くの人が自家用車で訪れ駐車場を利用しています。一般の人が主に利用する立体駐車場は3階から6階のフロアだけで約4600台を収容できます。また平面駐車場は1400台など多くの車を24時間停めることができます。 関空は今後新たに第3ターミナルが建設され、駐車場は6カ所程度を設置する方針となっていてジェットスター・ジャパンやその他の外資系格安便LCCの国際線専用ターミナルとなります。現在使用している第2ターミナルはLCC国内線専用として改修されることになっています。 これらの工事を経て今後はさらに多くの人が利用する空港になると考えられています。